行事・セミナーのご案内

2019年06月18日(火), 14:00 - 17:00
「バルト三国ビジネスセミナー」—エストニア、ラトビア、リトアニアの最新情勢—(仮称)
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

 

各位    

     


平素よりお世話になっております。


バルト三国は2018年に建国100周年を迎え、同年1月に安倍総理が日本の首相として初めて訪問しました。それを受け、現地のビジネス環境やテクノロジーを体感いただくために、ジェトロは9月にバルト三国経済ミッションを派遣、メーカー、商社、銀行などから総勢36名(うち17名は日本から)の日本企業関係者らが参加する、同地域への関心の高さが示されました。

とりわけ、小国ならではの機動性を活かし、各国はIT、デジタル、そしてスタートアップといった分野で先進的な活動に取り組んでおり、日本企業の注目を集めています。
スカイプの発祥の地として知られるエストニアは、電子政府、Eレジデンシーなど世界に類を見ない取り組みが注目されています。
ラトビアは、三国で最大の航空会社airBaltic社が運航、ロジスティックスのハブの役割を担っていますが、データ主導社会を標語に国を挙げてイノベーションに取り組んでいます。
三国で最大の人口を擁するリトアニアは、中銀が金融規制改革を主導し欧州で初のブロックチェーンセンターをオープンしました。

本セミナーでは、まず三国の全体像を俯瞰いただくために、バルト三国経済ミッションについてジェトロよりご報告し、その後、各国の最新ビジネスや投資環境などについて、各国貿易投資促進機関が説明いたします。

バルト三国について集中して理解を深める機会であり、また各国で実際に日本企業とのビジネスを支援している担当者とのネットワーキングの場にもなりますので、皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

------------------


■ 日時:2019年6月18日(火)14:00〜17:00(受付開始13:30)

 

■ 主催:ジェトロ・ワルシャワ、ジェトロ・デュッセルドルフ、デュッセルドルフ日本商工会議所

 

■ 場所:デュッセルドルフ日本商工会議所内会議室
         (Berliner Allee 12, 40212 Düsseldorf)

■ プログラム(予定):

14:00 開会挨拶( デュッセルドルフ日本商工会議所)

14:05 バルト三国経済ミッションの報告(15分)日本語
      ジェトロ・ワルシャワ 所長 清水幹彦
    
            各国のビジネス・投資環境(各40分)英語
       -リトアニア Mr. Arnoldas Dapkus
                                Head of Business Development in Germany Invest Lithuania 

             -ラトビア Mr. Kaspars Rozkalns
           Head of rep.office of the Investment and Development Agency of Latvia in Germany.
 
15:40  ブレイクおよびネットワーキング(20分)

16:00  -エストニア (調整中) Estonian Investment Agency / Enterprise Estonia

 


 
16:40 質疑応答(15分)英語

16:55 閉会挨拶

17:00 終了


【申込み】以下オンラインフォームよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/tcd/baltic_states
 
 
【お問合せ】
ジェトロ・デュッセルドルフ事務所(担当:森)
E-mail: Yusuke_Mori(at)jetro.go.jp Tel: 021113602-32
 
 

 

 案内日:2019年5月20日

2019年06月19日(水), 14:00 - 16:30
フラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(IPA)セミナー
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

 

フラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(IPA)セミナー

~フラウンホーファー研究機構とは?同研究所の活用法は?~

 

 

   フラウンホーファー研究機構は、欧州最大の応用研究機関の一つです。ドイツ全土に72の研究所を有し研究活動を行っています。フラウンホーファー研究機構は、ドイツのハイテク産業のバックボーンの一つとして知られているところです。

   特にフラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(フラウンホーファーIPA)はインダストリー4.0における重要な役割を担っています。同研究所には15の部署があり、自動車、機械設備産業、電子・マイクロシステム、エネルギー、医療エンジニアリングおよびバイオテクノロジー、加工産業の6つのビジネスユニットに分かれています。特に企業等産業と密にプロジェクトを持続的に行うことを戦略的に重視しています。同研究所は日本企業との共同研究・開発の事例も多数有しており、フラウンホーファー研究機構は産業総合研究所とも提携関係にあります。

   本セミナーでは、フラウンホーファーIPAのIvica Kolaric部長より、フラウンホーファー研究機構全体について、また、フラウンホーファーIPAの研究開発活動(同部長の研究領域でもある機能素材を含む)、日本企業との協業の可能性などについて紹介いただきます。

 フラウンホーファー研究機構、インダストリー4.0における同研究所の活動について理解を深め、ドイツや欧州における研究開発における同研究所の活用方法を考える良い機会になろうかと存じます。奮ってご参加ください。

 

 ------------------

〇日時:2019年6月19日(水) 14:00(受付13:30~)~16:30

〇主催:デュッセルドルフ日本商工会議所、ジェトロ・デュッセルドルフ

〇場所:デュッセルドルフ日本商工会議所会議室

   (Berliner Allee 12, 40212 Duesseldorf)

〇プログラム:

  14:00-14:05 主催者挨拶(デュッセルドルフ日本商工会議所)

  14:05-16:05 フラウンホーファーIPAの研究活動と日本企業との協業の可能性(仮題) 
                               Dipl.-Ing.Mr.Ivica Kolaric, MBA
                               Head of Department ,  Fraunhofer IPA

  16:05-16:20    フランフォーファーIPAと産総研の連携事例について
                  産総研 主任研究員(材料化学領域) 阿多誠介 氏

      16:20-16:30    質疑応答

〇言語:英語(通訳なし)

〇参加費:無料

〇お申込み:以下オンラインフォームからお願いいたします。

https://www.jetro.go.jp/form5/pub/tcd/fraunhofer

 

〇お問い合わせ先:

ジェトロ・デュッセルドルフ(木場)
E-mail:TCD(at)jetro.go.jp    Tel :0211-136020

------------------         

 

 案内日:2019年5月21日

 

会員の方のみご参加頂けます。
2019年07月04日(木), 08:40 - 14:00
メルセデスベンツ デュッセルドルフ工場見学バスツアーのご案内
場所: Mercedes-Benz Werk Düsseldorf (Rather Str. 51, 40476 Düsseldorf)

当工場見学は定員に達しましたので、お申し込みを締め切らせて頂きました。(6月11日17時4分)

会員企業 各位

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。会員の皆様には、平素より格別のご高配を賜り心より御礼申し上げます。

2013 年から開催致しております工場見学バスツアーは、現地企業の製造現場見学及び会員企業間の交流を主な目的としており、参加者の皆様から大変ご好評を頂いております。特にデュッセルドルフのメルセデス・ベンツ社スプリンター(商用車)製造工場見学バスツアーは毎回人気で、定員オーバーにより、ご参加頂けない方が多いため、今年も引き続き実施致します。1 日に 600 台の Mercedes Sprinter、Frightliner、Volkswagen Crafter が出荷されるデュッセルドルフ工場内の製造工程を間近でご覧頂くとともに、業種や部会を超えた会員企業間の交流を図る機会をご提供させて頂きたいと考えております。つきましては、会員企業の皆様に是非奮ってご参加を頂けますと幸いです。

 

日にち: 2019年7月4日(木)
参加費用:

1人36ーロ(予定) 

※参加人数によって参加費用が若干変更となる可能性がございます。

お支払: お振込み(参加人数確定後に請求書を発行させて頂きます。)
申込締切: 6月24日(月)
定員: 20名(先着順)
お申込み:

1社1名でお願い致します。

オンライン申込のみでお受け致します。

(※保険登録の関係がございますため、お名前はパスポートと同じ表記でご記入ください。)

備考欄に①性別、②生年月日、③携帯電話番号(当日連絡先)④Get together参加に

ついても併せてご記入ください記入例はこちら。

・Get together開催はご希望の人数により決定致しますので、参加のご意向についてお知らせください。

・定員になり次第締め切らせて頂きますので、ご了承ください。

・キャンセルや出席者変更の際は必ずメールでご連絡頂きますようお願い致します。

お申込みについての注意:

お申込みへの自動返信メール (「メルセデスベンツ デュッセルドルフ工場見学」タイトル入りの)が届かない場合には、事務所までご連絡ください。また、自動返信メールに加え、その後本工場見学の詳細・請求書等についてご連絡させて頂きます。このような連絡がない場合には、お申込みが届ていない可能性もございますので、必ず事務所までご連絡ください。

 

集合:

8時40分 ホテルニッコー前    (住所:Immermannstr. 41, 40210 Düsseldorf)(集合時間厳守)

スケジュール: 別途案内状をご参照ください。

 

案内日:2019年6月11日

会員の方のみご参加頂けます。
2019年07月05日(金), 14:00 - 17:00
法人税・営業税及び法人課税について
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

 

会員企業各位      

税務委員会主催セミナー

今回は、ドイツの法人税・営業税を中心に、ドイツの企業に対する法人課税についての解説を行います。一般的に財務報告は公告の義務が伴い、投資家や債権者などいわゆるステークホルダーに対する一定の説明責任や開示義務が発生しますが、法人税など企業の法人課税の計算は、会計とは異なり、完全に企業秘密として扱われています。外部委託している場合には、自社でそのカラクリを理解することが難しいケースもあります。今回のセミナーは、法人税・営業税とはどのように計算されるのか、また会計や税務の専門家ではない方々が、どのような点を押さえることで理解がスムーズに得られるかという、基本的なことを中心とした基礎講座です。

また昨今のOECD承認アプローチ(AOA)など、支店の場合にはどのような留意点が必要か(支店課税)、オーガンシャフトと呼ばれる連結納税とはどのようなものか、税務調査が行われる際の留意点はどのようなことか、という点についても触れていく予定です。

開催要領は以下に記載のとおりです。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

日時: 2019年7月5日(金) 14:00~17:00(13時半~受付) (途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

NHS会計事務所(NHS会計事務所)

西海枝健(さいかち たけし)氏 公認会計士/米国、税務委員会専門委員)

使用言語: 日本語
定員: 80名(出来るだけ1社1名でお願い致します。定員を超えた場合にはご連絡致します。)
申込締切: 6月27日(木)

 

※今回のテーマに関してご関心の高い点などがございましたら申込フォーム備考欄にてお寄せ下さい。
前もって講師の方にお渡し致します。但し、それをセミナーで取り上げるか否かは講師の方にお任せしておりますので、ご了承下さい。

 

*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

案内日:2019年5月17日

会員の方のみご参加頂けます。
2019年07月12日(金), 14:00 - 17:00
日本人駐在員(管理者)目線で考える欧州組織再編
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

会員企業各位      

税務委員会主催セミナー

 

   複雑化・多様化する経済環境において、欧州内の複数国でビジネスを展開する企業数は、年々増加する傾向が継続しています。日系企業の皆様におかれましても、現地法人や支店の設立、現地企業の買収等により、拠点数を拡大する事例が数多く見受けられます。

   また、ビジネスの拡大や組織変更を歴史的に積み重ねた結果、資本構成や組織構造の複雑化、会計・税務面での管理が経営上の課題となる事例については、昨年実施いたしました「欧州複数拠点でビジネス展開する場合の会計・税務」セミナーにて解説いたしました。

 今回のセミナーでは、欧州組織再編のみならず、シェアードサービスの活用等による、欧州組織の最適化のための要点を解説し、それが日系企業の皆様(特に日本人駐在員(管理者)主導)のご検討の一助となれば、と考えております。 昨年のセミナーの続編としての意図も込めて実施いたしますので、多くの会員企業様のご出席を、お待ちしております。

 

* 本セミナーは、9月9日(月)にフランクフルトで開催されるものと同じ内容となります。

日時: 2019年7月12日(金) 14:00~17:00(受付13:30~、途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

KPMG会計事務所

ヨーク・グリューネンベルガー(Jörg Grünenberger)氏/ドイツ税理士・弁護士
神山健一(こうやま けんいち)氏
岡本悠甫(おかもと ゆうすけ)氏/税務委員会専門委員/日本公認会計士

使用言語: 日本語
定員: 80名(定員を超えた場合にはご連絡致します。)
申込締切: 7月4日(木)

 

※今回のテーマに関してご関心の高い点などがございましたら申込フォーム備考欄にてお寄せ下さい。前もって講師の方にお渡し致します。但し、それをセミナーで取り上げるか否かは講師の方にお任せしておりますので、ご了承下さい。


*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

案内日:2019年6月5日