行事・セミナーのご案内

2018年10月24日(水), 13:30 - 16:30
ハンブルク開催「『ポストBEPS』において在独日系企業が注視すべきドイツ移転価格税制」セミナーご案内
場所: ハンブルク日本人会(Nihonjinkai Hamburg e.V.)会議室

会員企業各位

ハンブルク開催・税務セミナー

(共催:デュッセルドルフ日本商工会議所・ハンブルク日本人会)

増加の一途をたどる日系企業の海外進出、それに伴って活発化する越境的な事業・投資活動、さらには、BEPS行動計画の国内法制化などの動向を背景に、各国において『移転価格税制』が、納税者と税務当局の双方から、より注目されてきております。とりわけ昨今においては、国外関連取引の『実態』をより正確に把握する必要性が強まっており、納税者はその対応に迫られていると考えられます。また、各国の税務当局はこのような『実態把握』をはじめとする移転価格上の諸問題に対応すべく、国際税務専門家の配置などを通じた調査体制の強化を図っており、ドイツもその例外ではありません。

今回のセミナーにおいては、ドイツ移転価格税制の基礎情報、及び在ドイツ日系企業が税務調査において直面しうる移転価格上の問題を紹介した上で、BEPS行動計画が日独間取引に与えうる影響について在ドイツ日系企業がどのように対応すべきか、実務的な観点から解説させていただきます。

 

*ハンブルク日本人会会員企業でもいらっしゃる皆様には別途、同会からも本セミナーのご案内が送付されますが、お申し込みはデュッセルドルフ日本商工会議所の方にお願い致します。

*本セミナーは、6月15日にデュッセルドルフの当会議所で開催されたものと同じ内容となります。

本セミナーは、デュッセルドルフ日本商工会議所及びハンブルク日本人会の会員にご参加いただけます。

 

日時: 2018年10月24日(水)13:30~16:30(途中休憩あり)
終了後に懇親会が行われますので、こちらにもご参加下さい(参加費無料)。
場所:

ハンブルク日本人会(Nihonjinkai Hamburg e.V.)会議室
Alter Wall 65, 20457 Hamburg Tel. (040) 375196-09

アクセス

講師:

デロイト会計事務所(Deloitte GmbH)

中尾 弘太郎(なかお こうたろう)氏(移転価格部門シニアマネージャー)

山口 馨 (やまぐち けい)氏(税務委員会専門委員)

使用言語: 日本語
定員: 30名(定員を超えた場合にはご連絡致します。)
申込締切: 10月16日(火)

 
*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

案内日: 2018年9月10日

2018年10月25日(木), 17:30 - 19:00
ドイツでの就職について(デュッセルドルフExpats Service Desk及びDJW(日独産業協会)より)
場所: IHK Düsseldorf, Ernst-Schneider-Platz 1, 40212 Düsseldorf

デュッセルドルフExpats Service Desk及びDJW(日独産業協会)Working Group "German Japanese - Professional Women's Network" より10月25日(木)デュッセルドルフ開催の求職者向けのイベントにつきましてご案内頂いております為、こちらでご案内致します。

ご関心がある方(男性の方含め)は是非ご参加のご検討を頂けますと幸いです。

トピック: Applying for a job in Gemany
講師: Johannes Gruenhage, Head of Expats Service Desk
日時: 10月25日(木)、17時半~19時
場所: IHK Duesseldorf, Ernst-Schneider-Platz 1, 40212 Duesseldorf
言語: 英語
参加費用: 無料
申込締切: 10月12日(木)
お申し込み: メールにてwomensnetwork@djw もしくは gipwn12@gmail.com (江塚)までお願い致します。

 

詳細につきましては、案内状をご参照ください。

会員の方のみご参加頂けます。
2018年10月26日(金), 14:00 - 17:00
「法人課税の基礎知識」セミナーご案内
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

会員企業各位       

税務委員会主催セミナー

 

企業がドイツで経済活動を行う場合、諸々の税金の影響を考慮する必要がありますが、本セミナーではドイツの税金の中でも基本的な税金である法人税および営業税(法人課税)に焦点をあて、その内容について基本的なところから、実務上の留意点、さらに今後予定されている最新の税改正について解説していきたいと思います。

セミナーでは、まず法人税および営業税の納税義務ならびに各種コンプライアンス規定を含む申告実務について概説した後、課税所得および税額の算定の仕組みを商法会計上の利益との関連も含めて説明いたします。続いて、実務上ポイントとなる個別の論点について具体的に説明していきたいと思います。なお、解説のなかでは法人課税の観点からドイツで実際の業務を行う際に留意すべき事項についてもお伝えしたいと思います。

 

日時: 2018年10月26日(金) 14:00-17:00 (途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

アーンスト・アンド・ヤング会計事務所

梅田 健二(うめだ けんじ)氏/公認会計士

松本 美紀(まつもと みき)氏/ドイツ税理士、税務委員会専門委員

牛島 優   (うしじま まさる)氏/ドイツ税理士

使用言語: 日本語
定員:

80名(基本的に1社1名でお願い致します。定員を超えた場合にはご連絡致します。)

申込締切: 10月18日(木)

 

案内日:2018年9月12日

会員の方のみご参加頂けます。
2018年10月30日(火), 09:00 - 14:00
Tünkers Maschinenbau GmbH ラーティンゲン工場見学バスツアーのご案内
場所: TÜNKERS Maschinenbau GmbH, Am Rosenkothen 4-12, 40880 Ratingen

当バスツアーは定員に達しましたのでお申込み受付を締め切らせて頂きました。(2018年10月15日11時45分)

会員企業 各位 

貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。会員の皆様には、平素より格別のご高配を賜りまして心より御礼申し上げます。

さて、この度は今年2回目となる工場見学ツアーとして下記の通りデュッセルドルフ隣町ラーティンゲンのTÜNKERS Maschinenbau GmbH(テュンカース機械製造)本社の工場見学を企画致しました。同社は、二代にわたるファミリー経営による典型例なドイツミッテルシュタント(中堅企業)で、自動車産業や産業ロボットメーカー等の顧客のニーズに合わせた製品を自ら開発・製造しているグローバルなオートメーション技術の専門メーカーです。

詳細については、ホームページをご参照ください(日本語)。 

本見学ツアーでは、ツアーガイド(英語)の話を聞きながら、本社工場内の製造工程を直接ご覧頂けます。また、業種や部会を超えた会員企業間の交流を図る機会として工場見学後にGet Togetherの場を設けさせて頂きます。つきましては、会員企業の皆様に是非奮ってご参加を頂けますと幸いです。

 

日にち: 2018年10月30日(火)、9時から14時
参加費用:

1人24ユーロ(予定) 

※参加人数によって参加費用が若干変更となる可能性がございます。

お支払: お振込み(参加人数確定後に請求書を発行させて頂きます。)
申込締切: 10月17日(水)
定員: 20名(先着順)
言語: 英語(通訳は付きません)
お申込み:

1社1名でお願い致します。

オンライン申込のみでお受け致します。

(※保険登録の関係がございますため、お名前はパスポートと同じ表記でご記入ください。)

備考欄に①性別、②生年月日、③携帯電話番号(当日連絡先)をご記入ください
記入例はこちら。

・定員になり次第締め切らせて頂きますので、ご了承ください。

・キャンセルや出席者変更の際は必ずメールでご連絡頂きますようお願い致します。

お申込みについての注意:

お申込みへの自動返信メール (「Tünkers Maschinenbau GmbH 工場見学バスツアー」タイトル入りの)が届かない場合には、事務所までご連絡ください。また、自動返信メールに加え、その後本バスツアーの詳細・請求書等についてご連絡させて頂きます。このような連絡がない場合には、お申込みが届ていない可能性もございますので、必ず事務所までご連絡ください。

集合: 8時50分までにホテルニッコー前にお越しください。(集合時間厳守)
スケジュール: 別途案内状をご参照ください。

 

案内日2018年9月28日

2018年11月07日(水), 14:00 - 15:30
セラピー・ロボット『パロ』設計者柴田崇徳氏の講演会
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

主催:ケルン日本文化会館

協力:デュッセルドルフ日本商工会議所、ジェトロ・デュッセルドルフ事務所

 

 ギネスブックで「世界で最もセラピー効果があるロボット」として認定された「パロ」は、1993年に開発が開始され、2005年に実用化に至り、現在は約30カ国で約5,000体が使用されており、2018年11月にはヨーロッパにおいて医療機器登録される予定です。
このたび、「パロ」設計者である柴田崇徳産業技術総合研究所上席主任研究員訪欧の機会に、下記要領で講演会を開催します(講演は英語で行われます)。
「パロ」の今後のユーザーとなりうる方々を対象に、非薬物療法としての「パロ」の利用方法や、その効果を臨床エビデンスと共にお話いただきます。
ご関心の方々におかれましては、奮ってご参加賜りたく、ご案内申し上げます。

 

日時:

2018年11月7日(水)14時~15時半(開場:13時半)

場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

トピック: 「セラピー・ロボット『パロ』の利用方法とその結果」
講師: 柴田崇徳 産業技術総合研究所上席主任研究員
  詳細は案内状をご参照ください。ドイツ語版案内状
参加費:

無料

言語:

英語

お申込み:

お名前・ご所属・ご連絡先(メールアドレス)を明記の上、電子メールにて jfco(at)jki.de  まで
お申し込み下さい。

 

※同講演会内容に関するお問い合わせにつきましては、下記までご連絡下さい。

ケルン日本文化会館 メール:jfco(at)jki.de

 

案内日:2018年10月9日