行事・セミナーのご案内

2018年02月20日(火), 14:00 - 16:00
JETROアフリカ最新動向セミナー
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

 

この度、デュッセルドルフ日本商工会議所とJETROデュッセルドルフ事務所は、

ジェトロのアフリカ2事務所及びロンドン事務所との連携のもと、アフリカの最新動向をご紹介するセミナーを開催いたします。

 

最後のフロンティア」と称される有望市場、アフリカ。

ここ数年は資源価格の下落により経済成長は鈍化しているものの、依然として高い成長率を維持しており、

アフリカ全土の人口も現在の約12億人から2040年には20億人に達する見通しです。

 

今回のセミナーでは、アフリカの現地情勢と今後の経済成長および展望、最新の日系企業の動向を

ジェトロのアフリカ現地事務所長およびロンドン事務所担当者が分かりやすく説明します。

 

参加ご希望の方は、下記申込方法をご参照の上、2月14日(水)までにお申し込み下さい。

◆****************◆

●日時●

2018年2月20日(火)14:00~16:00 (受付 13:30 ~)

●会場●

デュッセルドルフ日本商工会議所会議室

(Berliner Allee 12/Ecke Marienstrasse)アクセス

●プログラム●

プログラムの詳細をリンクからダウンロードいただけます。

●主催●

デュッセルドルフ日本商工会議所、日本貿易振興機構(JETRO)

●参加申込方法●

参加申込フォームに参加者お一人ずつ、必要事項をご記入の上、2月14日(水)までにお申込み下さい。

●留意事項●

セミナーは無料です。先着順を原則としますが、定員を超える場合は複数名でお申し込みをされた企業様に

人数の調整をお願いする可能性もございます。また一度申し込みをされた方で、後に都合が悪くなった場合には、

お手数ですが必ずご一報くださるようお願いします。

 

◆****************◆

 <お問い合わせ先>

JETROデュッセルドルフ事務所 森  

(Tel: 0211-136020 Email: Yusuke_Mori(at)jetro.go.jp)

 

会員の方のみご参加頂けます。
2018年03月09日(金), 14:00 - 17:00
「労働契約終了の基礎」セミナーご案内
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所 会議室

会員企業各位      

法務委員会主催セミナー

本セミナーでは、雇用関係終了の方法論に関して説明されます。

要点:

期限付き契約、合意に基づく雇用終了契約、解雇の形式・内容・種類(即時解雇、通常解雇、変更解雇、疑惑に基づく解雇)、解雇正当化の要件(個人的な理由、従業員の行動、経営上の理由)、警告書の内容、解雇告知期間、労働裁判の実務、示談金の計算、大量解雇、早期退職制度、有限会社代表者の解任・解雇に関しての注意点など

開催要領は以下に記載のとおりです。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

日時: 2018年3月9日(金) 14:00~17:00 (途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

法務委員会特別委員、ドイツ弁護士 金子浩永(かねこ ひろなが)氏

(ホイキング・キューン・リュア・ボイテック法律・税務事務所のパートナー)

使用言語: 日本語
定員: 80名(出来るだけ1社1名でお願い致します。定員を超えた場合にはご連絡致します。)
申込締切: 3月1日(木)

*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

案内日:2018年1月17日

会員の方のみご参加頂けます。
2018年03月23日(金), 14:00 - 17:00
「EU一般データ保護規則(GDPR)~第29条作業部会ガイドラインの解説と今からでも間に合うGDPRへの必要最低限の対策~」セミナーご案内
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

申し訳ございませんが、本セミナーは満員となったため申込み受付を締め切りました。2018年2月8日9:00

会員企業各位

法務委員会主催セミナー

EU のGDPRは、EU レベルの個人情報保護法であり、2018 年5 月25 日から適用開始となります。EUのGDPRに違反した場合には、2000 万ユーロ以下(約24 億円以下)または事業者の場合には事業者グループの前事業年度の全世界年間売上高の4%以下の高額な制裁金が科せられる可能性があります。

日本および欧州では、多くの日本企業が、多種多様な方法論を採りながら、GDPRへのコンプライアンス対応のプロジェクトを進めています。EU 加盟国のデータ保護監督当局の代表等によって構成される第29 条作業部会はGDPRについて10を数えるガイドラインを公表しており、昨年末にはとりわけ重要なガイドライン(個人データ侵害通知、同意、透明性等)を公表しました。GDPRへのコンプライアンス対応にあたっては、これらのガイドラインを含め、今後同作業部会が公表するガイドラインを正確に理解しておく必要があります。他方で、今までに同作業部会が公表してきたガイドラインの分量は膨大なものとなっており、全てを短期間で熟読しかつ理解することは難しいのが実情です。

そこで、本セミナーでは、まず、まだGDPR対応を完了されていない企業を念頭に、ドイツにおいてビジネスを行う日本企業が、適用開始までに最低限行っておくべき具体的なGDPR対応の方策を御紹介致します。それに加えて、GDPR対応を概ね完了された企業の御参考にもなるよう、これまでに同作業部会によって公表されたガイドラインのうちGDPRへの対応を行う上で見落とせない重要論点を解説致します。

皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。

日時: 2018年3月23日(金) 14:00~17:00 (途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

法務委員会専門委員・杉本武重(すぎもと たけしげ)氏

弁護士/日本国、NY州、ブリュッセル(準会員)

ギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所ブリュッセルオフィス・オブ・カウンセル

使用言語: 日本語
定員: 80名(出来るだけ1社1名でお願い致します。定員を超えた場合にはご連絡致します。) 
申込締切: 3月15日(木)

 

*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

 

案内日:2018年2月5日

2018年05月28日(月), 14:00 - 19:00
日独経済シンポジウム2018年
場所: ホテル・インターコンチネンタル・デュッセルドルフ (住所:Koenigsallee 59, 40215 Duesseldorf)

「自動車の未来・日本とドイツからの技術革新」

自動車業界は大きな変革の時代を迎えようとしています。エネルギー効率、環境適合性、安全性、接続可能性、フレキシビリティ等に対する要請は高まり、変化しています。電気自動車が本当に未来の車なのか。ハイブリッド車や水素自動車等が次世代自動車になる可能性はないのか。内燃エンジンに生き残るチャンスはあるのか。設計者達は自動車製造において最大限の安全性を維持しつつ車体重量と製造コストを削減すべくしのぎを削っていますが、簡単な課題ではありません。車の利用方法についても、より効率的で柔軟で安全な方法が追求され、やがては自動運転にまで至ろうとしています。日本とドイツはこれらの共通する課題に直面しています。

今年の経済シンポジウムでは、日独両国の専門家がこれらの課題に関する業界の展望、技術的革新並びに国境を越えた協力の可能性について議論します。

プログラム: 出来上がり次第、アップ致します。もう暫くお待ちください。

お申込み締め切り: 2018年5月22日(火)

ご参加をお待ちしております。

主催

  • ノルトライン・ヴェストファーレン州経済・イノベーション・デジタル化・エネルギー業省
  • ノルトライン・ヴェストファーレン州経済振興公社
  • デュッセルドルフ/NRW日本デー協会(デュッセルドルフ日本商工会議所、デュッセルドルフ日本クラブ)
  • 州都デュッセルドルフ市

協力

  • 日独産業協会(DJW)
  • 日本貿易振興機構(JETRO)
  • デュッセルドルフ商工会議所(IHK Düsseldorf)