行事・セミナーのご案内

2019年06月18日(火), 14:00 - 17:00
「バルト三国ビジネスセミナー」—エストニア、ラトビア、リトアニアの最新情勢—(仮称)
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

 

各位    

     


平素よりお世話になっております。


バルト三国は2018年に建国100周年を迎え、同年1月に安倍総理が日本の首相として初めて訪問しました。それを受け、現地のビジネス環境やテクノロジーを体感いただくために、ジェトロは9月にバルト三国経済ミッションを派遣、メーカー、商社、銀行などから総勢36名(うち17名は日本から)の日本企業関係者らが参加する、同地域への関心の高さが示されました。

とりわけ、小国ならではの機動性を活かし、各国はIT、デジタル、そしてスタートアップといった分野で先進的な活動に取り組んでおり、日本企業の注目を集めています。
スカイプの発祥の地として知られるエストニアは、電子政府、Eレジデンシーなど世界に類を見ない取り組みが注目されています。
ラトビアは、三国で最大の航空会社airBaltic社が運航、ロジスティックスのハブの役割を担っていますが、データ主導社会を標語に国を挙げてイノベーションに取り組んでいます。
三国で最大の人口を擁するリトアニアは、中銀が金融規制改革を主導し欧州で初のブロックチェーンセンターをオープンしました。

本セミナーでは、まず三国の全体像を俯瞰いただくために、バルト三国経済ミッションについてジェトロよりご報告し、その後、各国の最新ビジネスや投資環境などについて、各国貿易投資促進機関が説明いたします。

バルト三国について集中して理解を深める機会であり、また各国で実際に日本企業とのビジネスを支援している担当者とのネットワーキングの場にもなりますので、皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

------------------


■ 日時:2019年6月18日(火)14:00〜17:00(受付開始13:30)

 

■ 主催:ジェトロ・ワルシャワ、ジェトロ・デュッセルドルフ、デュッセルドルフ日本商工会議所

 

■ 場所:デュッセルドルフ日本商工会議所内会議室
         (Berliner Allee 12, 40212 Düsseldorf)

■ プログラム(予定):

14:00 開会挨拶( デュッセルドルフ日本商工会議所)

14:05 バルト三国経済ミッションの報告(15分)日本語
      ジェトロ・ワルシャワ 所長 清水幹彦
    
            各国のビジネス・投資環境(各40分)英語
       -リトアニア Mr. Arnoldas Dapkus
                                Head of Business Development in Germany Invest Lithuania 

             -ラトビア Mr. Kaspars Rozkalns
           Head of rep.office of the Investment and Development Agency of Latvia in Germany.
 
15:40  ブレイクおよびネットワーキング(20分)

16:00  -エストニア (調整中) Estonian Investment Agency / Enterprise Estonia

 


 
16:40 質疑応答(15分)英語

16:55 閉会挨拶

17:00 終了


【申込み】以下オンラインフォームよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/tcd/baltic_states
 
 
【お問合せ】
ジェトロ・デュッセルドルフ事務所(担当:森)
E-mail: Yusuke_Mori(at)jetro.go.jp Tel: 021113602-32
 
 

 

 案内日:2019年5月20日

すべてのセミナーへ