行事・セミナーのご案内

会員の方のみご参加頂けます。
2018年03月23日(金), 14:00 - 17:00
「EU一般データ保護規則(GDPR)~第29条作業部会ガイドラインの解説と今からでも間に合うGDPRへの必要最低限の対策~」セミナーご案内
場所: デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

申し訳ございませんが、本セミナーは満員となったため申込み受付を締め切りました。2018年2月8日9:00

会員企業各位

法務委員会主催セミナー

EU のGDPRは、EU レベルの個人情報保護法であり、2018 年5 月25 日から適用開始となります。EUのGDPRに違反した場合には、2000 万ユーロ以下(約24 億円以下)または事業者の場合には事業者グループの前事業年度の全世界年間売上高の4%以下の高額な制裁金が科せられる可能性があります。

日本および欧州では、多くの日本企業が、多種多様な方法論を採りながら、GDPRへのコンプライアンス対応のプロジェクトを進めています。EU 加盟国のデータ保護監督当局の代表等によって構成される第29 条作業部会はGDPRについて10を数えるガイドラインを公表しており、昨年末にはとりわけ重要なガイドライン(個人データ侵害通知、同意、透明性等)を公表しました。GDPRへのコンプライアンス対応にあたっては、これらのガイドラインを含め、今後同作業部会が公表するガイドラインを正確に理解しておく必要があります。他方で、今までに同作業部会が公表してきたガイドラインの分量は膨大なものとなっており、全てを短期間で熟読しかつ理解することは難しいのが実情です。

そこで、本セミナーでは、まず、まだGDPR対応を完了されていない企業を念頭に、ドイツにおいてビジネスを行う日本企業が、適用開始までに最低限行っておくべき具体的なGDPR対応の方策を御紹介致します。それに加えて、GDPR対応を概ね完了された企業の御参考にもなるよう、これまでに同作業部会によって公表されたガイドラインのうちGDPRへの対応を行う上で見落とせない重要論点を解説致します。

皆様の御参加を心よりお待ち申し上げます。

日時: 2018年3月23日(金) 14:00~17:00 (途中休憩あり)
場所:

デュッセルドルフ日本商工会議所・会議室

Berliner Allee 12 / Ecke Marienstrasse, 40212 Düsseldorf

・デュッセルドルフ商工会議所の隣のビル、入口はMarienstrasse側となります。

アクセス

講師:

法務委員会専門委員・杉本武重(すぎもと たけしげ)氏

弁護士/日本国、NY州、ブリュッセル(準会員)

ギブソン・ダン・クラッチャー法律事務所ブリュッセルオフィス・オブ・カウンセル

使用言語: 日本語
定員: 80名(出来るだけ1社1名でお願い致します。定員を超えた場合にはご連絡致します。) 
申込締切: 3月15日(木)

 

*席上配布資料は後ほど当所「会報」誌WEB版の方に添付配布する予定です。

 

案内日:2018年2月5日

すべてのセミナーへ